1: 名無しさんのみボーナストラック収録 2012/11/05(月) 23:32:05.66 ID:ZrTVN0BP0
こーゆーテーマについて語りたい輩はどうぞ。

3: 名無しさんのみボーナストラック収録 2012/11/05(月) 23:37:44.20 ID:albGOe6PO
>>1
しかし悪いが俺もどうでもいい

…と思ったけど意外とこのジャンルの核心をついてるテーマかもしれん

7: 名無しさんのみボーナストラック収録 2012/11/05(月) 23:53:00.08 ID:JWtMSQGSO
>>1
演奏したりライブパーフォーマンスをこなす身体能力は必要だが、決してスポーツではない
聴く側も身体を動かすが決ったルールに元づくスポーツの競技をしている訳ではない

てかスゲェーくだらん

2: 名無しさんのみボーナストラック収録 2012/11/05(月) 23:34:42.95 ID:ZrTVN0BP0
個人的にはどーでもいい

4: 名無しさんのみボーナストラック収録 2012/11/05(月) 23:38:00.33 ID:002PU38U0
伝統芸能だろう

5: 名無しさんのみボーナストラック収録 2012/11/05(月) 23:42:10.18 ID:ZDrDOjt6O
俺にとっては依存性の強いドラッグ

6: 名無しさんのみボーナストラック収録 2012/11/05(月) 23:49:49.33 ID:n3s1qeLR0
ヘビメタってのは、その人の生き方やアティテュードそのものを指すんだぜ。
ハーレーデイヴィッドソンみたいなものさ。

8: 名無しさんのみボーナストラック収録 2012/11/05(月) 23:59:21.86 ID:ZrTVN0BP0
フィジカルを全面に押し出した音楽にカタルシスを感じるのはわかる。

また絵画に例えるならば写真のような作風になにも感じない感性もわかる。

また独創的で抽象的なものに対する懐疑心もわかる。

このバランスかね?

9: 名無しさんのみボーナストラック収録 2012/11/06(火) 00:00:27.96 ID:5ov1aC1yO
芸術…というか美術に似てなくもないような
いろんなジャンルがあったり
斬新な手法を用いた人がリスペクトされ続けたり

10: 名無しさんのみボーナストラック収録 2012/11/06(火) 00:14:01.08 ID:6T6SUTXp0
不謹慎だけど、亡くなってから価値が上がるのも
美術的でもある

11: 名無しさんのみボーナストラック収録 2012/11/06(火) 00:21:02.57 ID:vJKv3H3EO
心技体のバランスをどうとるかってことか
記録とそこに至る人間性のどちらを大事にするかということも
あとはライヴ(人前で一発勝負すること)の有無
現代美術にもパフォーマンスの要素を含む(一回性を重視する)ものはあるけど

12: 名無しさんのみボーナストラック収録 2012/11/06(火) 00:23:31.52 ID:vJKv3H3EO
テーマが抽象的すぎて伸びない気はする
「BATHORYは芸術が否か」とか何かしら具体的に設定したほうが面白いかも

13: 名無しさんのみボーナストラック収録 2012/11/06(火) 00:31:57.13 ID:anrPn+BH0
まー一般的にはエンターテイメントと呼ばれているけど、
もっと何か深い物が、あるかどうか議論する価値があるかなと。

時代背景や社会性や文化などに絡めれば、多少は話は膨らむことでしょう。

14: 名無しさんのみボーナストラック収録 2012/11/06(火) 00:47:51.52 ID:vJKv3H3EO
METALLICAの「Master of Puppets」なんかは現代クラシック(≠現代音楽)の作曲家にも人気があるという話、というような、アカデミックな意味での芸術(「偉い人も評価する」)というような方から語るのか、
それとも例えばチェコのMASTER'S HAMMER(初期ブラック/デスメタル)みたいに、メタルのジャンルからでないと絶対に生まれないような異形の旨みについて語るのがいいのか

17: 名無しさんのみボーナストラック収録 2012/11/06(火) 02:13:14.02 ID:KHS/pPdW0
フィジカルな部分での技術、技巧というものは確実に存在しており
「表現力」「深み」などという抽象的なものに関しては好みの問題
例えばマイケル・アンジェロのプレーは好き嫌いはともかく誰が見ても上手いと言えるが
ジェフ・ベックなどは完全に好みの問題だけで最高扱いされている

18: 名無しさんのみボーナストラック収録 2012/11/06(火) 02:41:50.99 ID:vJKv3H3EO
しかしトーンコントロールの幅が著しく狭いアンジェロに対しベックはその点非常に優れているというのも事実
そして(個人的にベックが好きなわけではないが)アンジェロには驚かされても別に面白いと思わない人が多い(だから売れない)のも事実

表現されているものの内容に関しては好みの問題が大きいけれども、表現力があるか否かに関してはかなり明確に判定できるぞ
ひとつのフレーズをアクセントも何もつけずにのっぺり弾き切ってしまう完璧に正確なだけの演奏と、音色変化やアクセントの付け方の点で素晴らしく表情豊かな演奏とでは、後者のほうがフレージングの力が上なのは明らか
もっと言うなら、どれだけ表情豊かで並々ならぬフレージングをできるかどうかというのが「深み」に対応してるわけだ

マイケルシェンカーとかウリジョンロート>初期インギー>>>>>シュラプネルの中堅以下
という評価をする人は、メカニカルな技術よりもそういうフレージングの技術・センスを重視してるはず
実際違いは明らかだな

メカニカルな技術が優れている=「上手い」だけでは旨い/面白い音楽を作り出すことはできない
そういうところしか見ないと音楽=スポーツみたいな感じになってしまう…てとこかな

21: 名無しさんのみボーナストラック収録 2012/11/06(火) 12:23:34.71 ID:vJKv3H3EO
>>19
できるんじゃないの?ベックファンのことは知らないけど

音色表現が素晴らしいから聴いてるプレイヤーがのっぺりした演奏しかできなくなったら、そういう演奏の魅力にしか興味のない自分としては「もうダメなのか」と思うけれども、「ベック聴いてる俺カコイイ」みたいなファンなら確かに気にせず絶賛するかもしれない
しかしそれは本当にちゃんと聴いてるわけではなくブランドイメージを有り難がってるだけだからね
それはプレイヤー側よりも聴き手の問題で、>>18とは関係ない話だよ
興味深いことではあるけれども

「音色変化やアクセントの付け方で何を表現したいのかちゃんと伝わる」かどうかは、フレーズや曲の構成(=脚本)を土台にしてそれを活かす(=演技する)ことができてるかどうかが大きいと思う
フレーズひとつだけ聴いて何を意図してるかわからない場合でも、全体の構成から文脈を読み取ればわかるという事が多い
クラシックなんかは(演奏技術は前提条件として)それが一番大事なわけだし

そういう読み取りをせずに「伝わらない」というのは、自分の理解力のなさを棚に挙げた理不尽なクレームに過ぎない
だから聴き手の問題もあるな
(ちゃんと聴かない相手をも惹き付けてしまうものこそが本当に凄い表現力とも言えるけど)

19: 名無しさんのみボーナストラック収録 2012/11/06(火) 11:40:45.15 ID:9vffV2bY0
音色変化やアクセントの付け方で何を表現したいのか
それがちゃんと伝わらないと表現できているとは言えないんじゃないかな
仮にジェフベックの演奏を他のギタリストが物理的に再現できたとして、ベックオタはそれを聴いて「表現力」を褒め称えるかな?
人じゃなくてもコンピュータ等で機械的に全く同じ音を再現できたとして、ベックオタはそれを聴いて「表現力」を褒め称えるかな?
仮にジェフベックがひとつのフレーズをアクセントも何もつけずにのっぺり弾き切ってしまう完璧に正確なだけの演奏を
やったとしてもベックオタは「さすがベック!音色が~」って言うんじゃないかな?
どちらも「ベックが弾いたか否か」だけが判断材料じゃないのかな?
その判断材料を明かされぬままに聴いてもちゃんと評価できるのかな?

20: 名無しさんのみボーナストラック収録 2012/11/06(火) 12:15:08.01 ID:ZEp5q0yx0
三大ギタリストなんて野球で言うところの王、長嶋、プロレスで言うところの馬場、猪木のポジションだろ
過去の栄光や業界への功績は賞賛されてしかるべきだけど、現役選手より打てたり強かったりするハズがないだろ
そういうコトだよな

23: 名無しさんのみボーナストラック収録 2012/11/06(火) 12:25:31.75 ID:vJKv3H3EO
>>20
なるほど、つまり音楽はスポーツだということですな

24: 名無しさんのみボーナストラック収録 2012/11/06(火) 12:40:23.23 ID:MGAwU9BO0
イングベーのピロピロも本人に言わせりゃ何かを表現してるんだよな・・・一応w

26: ごんた君 ◆XGX/bd.GAY 2012/11/06(火) 16:42:45.80 ID:J3I3dByLO
おまえら、考えすぎだ(・・;)

28: 名無しさんのみボーナストラック収録 2012/11/06(火) 17:54:01.39 ID:rfanTaqF0
メカニカルな部分よりもっとおいしい要素がいっぱい詰まった演奏

http://www.youtube.com/watch?v=AxRem-l0b9g



セゴビアはこのとき70歳は越していたと思う。

33: 名無しさんのみボーナストラック収録 2012/11/06(火) 22:38:04.62 ID:j7qcYFNf0
お笑いだろ

34: 名無しさんのみボーナストラック収録 2012/11/06(火) 23:51:01.74 ID:d+HuNq9m0
え、オリンピックの種目になってないってことは芸術だろ?

36: 名無しさんのみボーナストラック収録 2012/11/07(水) 02:10:52.08 ID:MC2Rsjpv0
メタルって初めから技術重視の音楽だったの?

38: 名無しさんのみボーナストラック収録 2012/11/07(水) 14:24:36.90 ID:UzyXdXVR0
技術重視のミュージシャンだったらクラッシックかジャズに
進んだ方が環境はいいかもしれない
ロックの場合はライブハウス回りから始めるだろうけど、
海外の場合そういうところのお客さんは飲みに来てるか
ナンパしているか状態でテクなんて全く興味ないし

40: 霜月薔子 2012/11/07(水) 21:21:56.11 ID:CarZyu9sO
でも、テクニック重視でしょ。
まぁ、どっちにしろメタルはつまんないですが。

41: 名無しさんのみボーナストラック収録 2012/11/07(水) 21:41:01.99 ID:UIHBk3lF0
メタルの全盛期はふつうの音楽ファンもメタル聞いていたし売る方も、
そーゆー層に合わせて音楽を作っていた。(特にメジャーなレコード会社)

ブームが去ってマニアしか聞かなくなった時にそーゆー傾向が出てきた。
マニアはバンドやってたり、楽器ひーている場合が多いからね。